国際貿易センター


国際貿易センター


定義


海外の法人に対し、商品、原材料、部品を調達・販売並びに貿易に関連するサービスの提供を目的とし、

タイの法律に基づき設立された会社である。

 

事業範囲


1 商品の調達


2 出荷待ちの商品保管


3 包装・梱包


4 商品の運送


5 商品の保険


6 商品に関する助言、技術サービス、トレーニングの提供


7 国税局長が定めた他のサービス

 


BOIの恩典

 


土地の所有許可


機械の輸入関税免除


輸出向け製品のためにの原材料の輸入関税免除


※「メリットによる追加恩典(Merit Based Incentives))の対象とならない。


申請条件


振込登録資本金が1000万バーツ以上であること。

 


国税局の恩典


法人所得税


法人税所得税が免除される収入


タイ国経由なしの海外商品調達・販売の収入


アウトアウトそして海外にある法人に対して貿易関連サービスを提供し海外で発生した収入(OUT−OUT)。


そして、海外にある法人に対して貿易関連サービスを提供し、海外で発生した収入。

 

法人所得税率が10パーセントに引き下げられる収入


海外での製造を目的とされ、国内から原材料または部品を調達し、海外の法律で設立された関連企業に販売する場合の収入(IN−OUT)

個人所得税


国際貿易センターで働く外国人技術者・専門家または上級幹部に対する個人所得税率が、課税所得の15パーセントに引き下げられる.

申請条件


振込登録資本金が1000万バーツ以上であること


タイにおいて国際貿易センターの事業にかかる運営費用(販売費および一般管理費)が年間1,500万バーツ以上であること

(注:以上の内容は、 BOIパンフレットより転載しました。2015.3.3)