BOI新制度(その他の立地に基づく恩典)


2015年01月09日


BOI新制度(その他の立地に基づく恩典)


テーマ:投資優遇制度(BOI)


立地に基づく恩典は、投資奨励地域というもので


・国民所得の低い20県(前記事にて紹介)


・特別経済開発区


・南部国境県


・科学技術区からなります。


今回は、「特別経済開発区」と「南部国境県」について説明します。

特別経済開発区


特別経済開発区は、特別経済開発区政策委員会が指定するもので、現時点ではターク、ムクダハン、サケオ、ソンクラ、トラードの

5県のうちの一部の地域です。

恩典は、基本的に所得の低い20県と同じです。


・法人税免除期間の3年間追加(合計8年まで)


・当初から免除期間8年間の業種については法人税免除期間終了後さらに5年間法人税を50%減免


・運送費、電気代、水道代を10年間2倍損金算入


・通常の減価償却以外にインフラ投資額の25%損金算入

南部国境県


南部国境県とは、深南部3県(ナラティワート、パタニ、ヤラー)、サトゥーン県、及びソンクラ県の4郡です。


恩典は


・免除期間8年間(上限なし)、その後さらに5年間法人税を50%減免


・運送費、電気代、水道代を15年間2倍損金算入


・通常の減価償却以外にインフラ投資額の25%損金算入


・5年間国内販売向け製造のための原材料の輸入関税を75%減免


となり、大盤振る舞いという感じです。


また最低投資金額が50万バーツと、通常の半分になっている等、条件が緩和されています。

 

なお、ムクダハン県とサケーオ県が「国民所得の低い20県」と「特別経済開発区」の両方に名前が出ていますが、「特別経済開発区」は

各県の一部のみが指定されており、それ以外の地域が「国民所得の低い20県」の対象ということです。


またソンクラ県は「特別経済開発区」と「南部国境県」の両方に上がっていますが、いずれも県のうち一部が指定されるものであり、

重複はないものと思われます。

情報源はどこ?


先日の記事で、BOIウェブサイトトップページから、投資委員会布告の日本語訳のpdfファイルが入手できることを紹介しました。


ところが、南部国境県の説明はこれにはありません。


これの公式資料が、これまた目立たないところにあります。


BOIウェブサイトの「リソースセンター>プレゼンテーション」と進んで、「22 December 2014」の「Seminar Document (Japansese Version)」と

いうところを開けると、2014年12月22日のBOIセミナー資料のpdfが入手できます。


その中の「(PPT)New Policy (Japanese) ver1.2 pdf」というファイルに南部国境県の記載があります。


この記事はそれを見て書いているので、詳細はそちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/bangken/entry-11975244987.html


出典サイト: ASAHI BUSINESS SOLUTION AND ACCOUNTING CO.,LTD.

コメント:南部国境県は、危険な地域なので投資する企業はないでしょう。 だから、あえて見えない所に書いているのでしょう。