ビアシンとビアチャーン

 タイの公認会計事務所の本部に行くと、大きな掲示板が

あり寄付をした会社名が示されていました。

その中で1番上に書かれている,いわゆる筆頭寄付会社が

Thai Beverage PCLと言う名前でした。

そのような会社は聞いたことがないので、聞いてみました。

職員は機嫌な顔をしてビアチャーンの会社です、と答えて

くれました。ビアチャーンと言えば、ビアシンと

ライバル関係にあるビールメーカーです。

と言う事は、タイのビール業界ではがビアチャーンが業界

トップになり、ビアシンが敗れたことになります。

現在ビアシンは中瓶しか売っていません。

ビアシンは大瓶の製造を止めています。

またビアシンは飲料水の業界でも、苦戦しています。

従来六本で70 バーツだったのが58 バーツに値下げして

販売しています。

つまり値下げをしないと売れないのです。

このようにタイのビール業界においても競争が行われています。

すちなみにタイではビールの広告宣伝は禁止されています。