"タイの会計専門家は、少なすぎる

タイは、公認会計士は約9000人とのこと。隣の国マレーシアでは、3万人で約3倍です。

タイが、いかに少ないか明白です。試験が難しいのでしょうか? なり手がいないのでしょうか? 総数を抑制しているのでしょうか? 

この辺のところが知りたいです。そして、これについての対策は?

 

 

なお、2020年までに高所得国の仲間入りを目指すマレーシアでは、現在の会計専門家約31,000人の倍の約60,000人の会計専門家が必要とされている、

とのことであり、十分な能力を備えた外国の会計専門家の受け入れはマレーシア経済のさらなる発展に寄与すると考えられる、

とMIA会長のDatuk Johan Idris氏が述べています。

(出典:日本公認会計士協会より

http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ITI/2015/aseanafamia2015aseanaec.html )