物書き入門

     

はじめに。


私も一応物書きの分野では,それなりに一定の評価を受けるようになりました。

そこで、後輩でいまだ書くことが苦手の人のために自分の経験を元に、「書くこと」についてつれづれなるままに書いてみました。

第一章 書く前の心構え。


1 言葉はイメージです


イメージが浮かばない人は物書きに適していません。


海を見てなんと思うか?感じるか?


「海は広いな、大きいなー、行って見たいなよその国」 


これは小学校で歌った唱歌です。


「おだやかな波がある海」「青い海」「荒波たる海」「コバルトブルーの海」など、海について書けと云われたら、人それぞれ異なった表現をします。


その表現は、海を見て脳の中にあるイメージを描き、それを書くという行為によって具体的に見える形にした結果なのです。


誰でもイメージを浮かべることは出来ます。問題はそのイメージを目に見える形での文字(言葉)として表現できるかどうかなのです。

2 言葉は思想です


言葉は人と人の意思の交流のための手段ですが、この言葉は思想なのです。


つまり、その人の考えによって同じ事を言うにしても言葉(表現)が異なります。

「努力します」「検討します」「 努めます」「前向きに検討します」同じような表現であっても中身(思想)はバラバラです。要はその人の考え、つまり思想から出発して言葉があるのです。

3 物書きの上達方法


どんな世界でも努力なしで上手になることはあり得ません。たくさん書く、という努力を何倍も行うことです。

量を書くことによってそれが少しづつ質に変わってくるのです。多くの物書きの人に聞いても、必ず沢山書いています。とにかく書くこと。

下手とか上手とかテクニックなんか気にせず、沢山書くこと。これが上達への王道でしょう。


4 正直な心で書く


書くということは脳が感じたことを書くという別の脳に指示して、その結果文学として表現されたものです。

この場合、正直な心でないと脳と脳の伝達の際いわゆる雑音が入り、書けなくなるのです。物書きに悪人はいませんし、悪人は正直な心でないため書くことが出来ません。

5 物書きは自己主張の表現の表れです


自己主張のない人は書けません。書いたとしても誰が書いたかわからないような一般的な内容になります。

面白くもおかしくもない文、よって存在価値のない文になります。自分の考えを持つこと、そしてそれを表現すること、これが自己主張なのです。


自己主張の出来ない人は物書きになれません。

6 起承転結は時代遅れ


今のような忙しい社会では、まず結論ありきです。起承転は「結」の後に書く、これが時代の趨勢です。会話でも、結論を後回しにして話し始めると、聞いている人は疲れてしまいます。

発言する場合でも、最初に結論を述べ、つまり、賛成,反対の立場を先に述べて、その次にその理由を述べるのが、主流になってきています。

7 結論を書かないと締め切りに間に合わない


1980年頃のFaxが普及しない頃はテレファックスという手段で世界中の情報を交信していました。

日本の新聞記者が外国から日本へ送信する際、大変時間がかかり、すべての原稿を送付するのに20〜30分もかかりました。


しかし、新聞社は原稿の締切り時間があり、待てずにその原稿をボツにしました。

この体験により、送信する人は先に結論、重要部分を書き、後に重要でない内容を送信したのです。この基本的スタンスは今でも変わりません。


むしろ、この方法が主流になってきています。

8 喜怒哀楽のない文章は死に文だ


「朝起きて、顔を洗って歯を磨き、・・・」という決まり文句を日記帳に書いたことがあります。まったく面白くないし、当たり前のことをだらだら書いている、最後に「ジャンジャン」。

喜怒哀楽の無い文章なら、むしろ書かないほうがましです。


感動しない、させない文章なんか誰にも相手にされません。


読み終わったら「あーそう」の感想で、終わりです。次が続かないのです。


9 書くことと読むことは連動している


よく読書は嫌い、という人がいますがこのような人は書くことも苦手です。

逆に言うと書く人はよく読書をしています。この両者は連動していて切り離すことは出来ません。


物書きと云われる人はおしなべて読書家です。上手に書きたいけど読書嫌いだという人はもう論外です。

若いときに読書をせず30代になってから物書きになりたい人はかなりの努力が必要です。(可能性薄いかも?)

10 難しい性格の人は文章も難しく書く


書くことと性格は連動しています。文章を書けば性格が出るし、性格は文章に表れます。心の温かい性格の人は、文章にその人柄がなんとなくにじみ出ています。

自分の性格がよくない人は文章を書きたがらないし、書けないのです。

書くと、性格がもろに表れてしまうし、そのような性格の人は自分を隠そうとするので、文章も書けなくなります。物書きは「まずよい性格から」となります。

                                                                             (続く)

 

 

Copyright @ タイお困りごと相談所