西野順治郎氏と子供達の日本人学校

西野順治郎氏との思い出、今回は2回目です。

一回目は、このサイトです。

西野順治郎氏の没後20年が過ぎようとしています。

これを節目として、偉大な業績を残した彼と子供たちの
日本人学校について描き留めることにしました。


彼は、1974年泰日協会学校(日本人学校)の初代
運営委員長(理事長)に就任しています

の後、10年間その役職を全うしました。

この泰日協会学校の許可を得るため、日本政府とタイ
政府の間に入りやりとりを進めるなど、その苦労は大変
だったと聞いております。

確か田中元首相の来タイによりタイ政府との交渉の結果だ
と聞いております。

一方、子供たち3人はバンコクで生まれ、日本人幼稚園
(さくら幼稚園)を経て日本人小学校へ入学しました。

その後、中学部を卒業してACC(アサンプション大学の
母校である商業高校)そしてエイベック大学を卒業しました。

 

日本人とアイデンティティー
私は日本人学校入学に執着しました。

現地で起業した人は、通常タイの学校に入れるのが習わし
になっていました。

周囲からタイの学校を勧められたものの、日本人アイデン
ティティーにこだわりました。

それは文化の高い所からしか、全体を眺望ことができない、
という教育観念を保持していたからでしょう。

駐在員でない子弟が日本人学校入学、かなり無理があった
という思いがありましたが、その時若さの勢いがありました。

入学のシステムと寄付金
さくら幼稚園は、泉先生という日本古来の美しさを日本教育に
取り入れていて、しつけをしっかりと教えていました。

この幼稚園の年長になると、日本人学校入学の手続きを代行
してくれました。

それによって、絞り出し方式により自動的に入学が許可され
ました。

仮に、日本の幼稚園を通さずに直接学校へ入学願書を提出
すると、能力や給付金のこと、またステータスのことをもチェック
されたことでしょう。

この時、授業料とは別に企業ごとの寄付金制度がありました。

その額はABCⅮランクがあり最高は1,000,000バーツで最低は
200,000バーツだった、と記憶しています。

この額は当時会社経営している中で大きな負担でした。

結局、西野さんの存在で寄付金納付を免れました。

 

エピローグ
現在日本人学校は入学金と授業のみになり寄付金制度が
廃止になっています。

ちなみに、現在この学校を卒業した卒業生は、日本の高校へ、
進学ISB(インターナショナル)へ進学、そしてタイの現地校の

転入(少数)に分かれ巣立っています。