タイ人の技能実習生  (下)

その3
    今日は、技能実習生修正の国別受け入れについて書いてみましょう。
2016年のデータでは、年約10万人が技能実習生として受け入れられています。

多い国からベトナム(43%)、中国(33%)、フィリピン(10%)、インドネシア(8%)で、5番目がタイ(4%)です。
タイは年間わずか4,000人しか受け入れられていませんが、ベトナムはタイの10倍という割合になっています。

    現在、タイで技能実習生を送り出す機関が登録されているだけで36社なので、平均1社あたり年間10人の派遣ということになり、これでは企業として成り立っていません。

ベトナムは、国家がこの分野を支援しており、その結果が数字に表れています。

    タイは、観光、投資受入れ分野は熱心ですが、技能実習能力分野は関心が薄いようです。
さて、技能実習生が増加しない最大の壁は、言葉、つまり日本語習得です。
日本でハローワーク、日本語のできない外国人は実習生として受け入れてくれません。
そこで、タイで日本語を教える日本語学校が必要になってきます。
日本語教育は、場所と先生の確保が必要になってきますが、先生の給料が安い為、良い先生を探すことに困難になっています。
また、日本語の先生は、正規の授業として「ひらがな」、つまり読み方から始めるため、日常会話が可能になるのに約半年かかります。

よって、現場では、読み書きが可能より会話が可能になる日本語教育が必要とされています。
 次回は最終回でもっと大きな「壁」について書きましょう。

 

その4
    前回、ベトナム政府は技能実習生の受け入れに積極的であると書きました。
調べてみたところ、2017年6月6日に日本との国に技能実習生の送出し、受け入れについて二国間の取り決め締結を行っています。

この取り決めは、政府が送り出し機関を認定し窓口を1本化するという内容があり、それについて条件が付けられています。

    タイは、まだこの二国間の取り決めが締結がなされていないため、旧制度を適用しており、タイ人の技能実習派遣は不利な状況になっています。

具体的取り決めの中に、日本に行く技能実習生に対してであるレベルの日本語習得が課せられています。よって、日本語学校が必要になってきます。

    ちなみに、二国間取り決め国は、ベトナム、カンボジア、インド、フィリピン、ラオス、モンゴル、バングラディッシュ、スリランカ、ミャンマー、ブータン、で、未締結国はタイとマレーシアぐらいでしょう。
このことについて、早急な締結をタイ政府に望みたい。

    タイ人がもっと技能実習生が多く行けるよう取決め締結をお願いするところです。
一部には、「日本企業が社内研修の名のもと、技能実習生制度は十分満たしている」という考えがあるようです。
まぁー政府がやる気がないならあきらめるか、やる気を持つようにお願いするか、そのいずれかでしょう。
以上、4回シリーズとして書いてみました。

時代は次々に状況が変わっていきます。
それにに取り残されないようにしましょう。