法律とけもの道

法律文は、素人が読むと難しいですが、その道の専門家は容易なことです。 ただしです。
読むだけでは、ありません。法律文の中に隠されている道を探すことも専門家は長けています。
法律の中でも「行政法」は必ずと言って良いほど「けもの道」があります。
一方、刑法、民法にはこの道はありません
けもの道、とは「山野において獣が通る道」とのこと。
この道は、行政マンがその法律、規則によって自らの手足を自ら縛られ、自由がなくならないように抜け道を作って
おく道なのです。

かって役所へ行って相談した時、「けもの道」を指摘して
解決案を提案したら、「よく法律の裏を知っていますねー」と褒められました。
「いやー、若い時公務員の仕事をしていました」と遠慮がちに答えました。

ご褒美に「できない」と言われたことを、できるように教示してくれました。
日本から来ている弁護士資格を持っているコーディネーターは、
タイ語ができない人が多く、このけもの道を探すのは大変なことでしょう。
タイ語の法律が読めて、行政のしくみを理解できる人は、けもの道を探すことが可能です。
また、タイの法律は、曖昧な点が多いと言われておりますが、その箇所を指摘して我田引水に法律の解釈をすること、
これが法律解釈の醍醐味でしょう。

「蛇(じゃ)の道は蛇(へび)」
(注:具体的にけもの道を探す方法は、文章化できませんので口頭で説明します)