会社経営とタイの文化
タイ従業員に対する責任感教育

タイで会社経営(工場経営)をする場合、日本のシステム習慣をそのまま導入しても上手くいきません。


今回、会社経営する上でどうしても知っておきたい、おくべきタイの文化について述べ、タイ人従業員に対する責任感教育について、

考えを述べてみたいと思います。


これによって、会社経営に少しでもお役に立てば望外の喜びです。


1 最初に、タイ人にとって仕事をするとはどういうことでしょうか。

彼らにとって仕事とは、「仕事を行うこと、パーテイー、宗教行事、または、あることを行うこと」が入り混じった内容、


と理解をしています。


会社の仕事は利益を出すことである、と教えなければなりません。


つまり、「会社は利益追求団体」と教育しなければなりません。


(2)「会社」と言う意味について


仕事をしてお金をもらえる所、その仕事も自己評価します。


例えば、80パーセントぐらいですと、それ以上はあえて望みません。


例えば、QCで不良品を3パーセント、2パーセントに下げる事は大変難しいことです。


3パーセントは100のうち3つですから「マイペンライ」となってしまいます。


タイ人にとって、会社は利益追求団体と言うより役所的なコミュニティー(共同体)と思っています。

一日のうち朝から夕方まで仕事をしてお金をもらえる所、しかもその仕事も従来通りのことを行なえば、それで満足。


決してガツガツ働こうとはしない。


仕事の改良、改善を嫌うし、それについて考えさせることは難しいことです。


(なぜなら現状に満足しているため)


彼らが最も大切にすることは、利益追求ではなく安寧、平静なのです。


そのためには、秩序を一番重視します。


よって会社に於いてピラミッド型の人間関係ができており、それをうち破る事はタブーです。


どの会社でもドンおりそ、その人に逆らうことはしません。


会社では、現場のドンと話をつければそれで済みます。


日本のような団体交渉、集団交渉のような制度は不要なのです。


3 責任の意味について


(イ) 工場内では、従業員に責任感を持たせ、生産性を上げることが重要です。


そのためには、責任感教育が必要煮なります。


ところで責任感とは、タイ語で「ラップ ピッツチョープ ナイ ナーテイ」義務における責任、つまり義務を果たすこと、が同じ意味になります。


(ロ) 工場の責任体制


○ ワーカーの責任


○ ホアナー(職長)の責任


○ ホアナーパネック(現場責任者)の責任


○ 経営者(社長)の責任


(4)やる気を起こさせる


義務を果させるため、または責任を果たさせるためには、やる気を起こさなければなりません。


「責任感教育イコールやる気を起こさせる教育」ト規定して良いのではないでしょうか。


具体的に、やる気を起こさせる方法として次のことがあります。


○ 社員研修をする


○ 経営者が現場に足を運び、たえず現場に関心を持つ


○ ミーティングを週1、月1でも良いから行う


○ 目標の設定


○ 半年、または1年の催し、または旅行


(5)責任感教育の問題点


ホアナーの教育が一番大切ですが、ホアナーパネックは自分のノウハウを簡単に教えません

(自分のポジション保持のため)


また、責任感教育で大切な事は、義務や責任の内容を具体的に説明することなのですが、

これがなかなか難しいです。

余禄 その1タイ人を理解するキーワード


○ 根性


○ がんばる(努力する)


○ 面子(恥をかく)


○ やる気


○ 仕事のやりがい=満足感


余禄その2


   地方別性格と同じ出身者のまとまり
                       2015.1,27