株式市場工学とは?

株式市場工学とは、株式市場(日本)において株式の動き、株式の売買、株式の過去など様々な事象を確率論、
統計論及び文系、理系の知識を用いて分析し、株式の正確な動きをとらえる学問です。

言い換えれば、ある銘柄の株式が今後どのように動くか、ある銘柄が確実に値上がりする買い時はいつか、
さらに妥当な売り時期はいつか、という株式の流れを研究する学問です。

これらの研究により、購入した株が下落する場合も含めて、確実に値上がりするというシステムを作成し、
株式市場への多くの参加者を促し、株式市場の発展に寄与するものである。