アセアン会計基準は、必要

会計士を目指している友人のナタモンさんから、アセアン諸国で会計基準の
統一が必要、の話をききました。

なるほど、そうですね。 現在、会計は世界基準、タイ基準とありますが、

さらにアセアン会計基準が必要になってくるでしょう。

以下、まったく創作の内容になります。

ASEAN経済共同体(AEC)が発足して、会計、税の分野でも話し合いが進むで
しょう。
この分野での問題は、各国の会計、税制度がバラバラで統一が必要とされて
います。

こんな中にあって、日本が率先して共通のルール作りに貢献すべきでしょう。

ナタポンさんは、会計がわかり英語もわかる人なので、将来この分野で活躍
してほしいものです。

ナタモンさんの記事

http://ameblo.jp/kobayashiyu99/entry-12239617731.html

 

 

以下、関係する内容をEWBより適当にコピぺしました。

 

 

アセアン経済共同体(AEC)とは何ぞや?5分で分かる関税動向や影響まとめ。

http://g-biz.asia/archives/1673

 

 

日本アセアンセンターは、ASEAN事務局とは異なる独立した機関です。
ASEAN事務局は1976年のASEAN首脳会議で設置が決定され、ASEANの各種
会議や事業を担当し、ジャカルタ(インドネシア)に所在します。
一方、日本アセアンセンターは1981年に日本とASEAN諸国との貿易・投資・
観光の促進を目的に、日本政府と当時のASEAN加盟国政府の協定によって設立
され、事務局は東京にあります。

日本アセアンセンターは、ASEAN事務局と幅広い分野において協力関係を築いて
います。
また、ASEAN各国とも本国政府、駐日ASEAN大使館、各国政府貿易・投資・観光
関連機関を通じて密接な連携を保ちながら、事業を実施しています。

http://www.asean.or.jp/ja/ajc/about/asean-relation.html

 

 

·         ASEAN事務局との関係

http://www.asean.or.jp/ja/ajc/about/business.html

 

 

アセアン各国のみならず、世界全域で2015年末に発足した「AEC」が注目されて
います。
ASEAN在住者はご存知だと思いますが、雑誌やTV・新聞などでも良く取り上げら
れるトピック。

「AEC」は、ASEAN Economic Communityの略で、日本語では「アセアン経済共
同体
」と呼ばれています。
まだ発足直後ですが、今後の動向をアセアン域内の各国が注目しています。
「ASEAN経済共同体(AEC)」と、起こり得る変化について、ご紹介します。