ASEAN CPAについて

Mutual Recognition Arrangements(相互承認協定)により、アセアン諸国の間で、8つの職業の労働者が他国で就業できるようになりました。
これは、ASEAN経済共同体の元、労働移動を自由にさせることの延長にあります。
その中に会計職も含まれ、MRA – ASEAN Recognition Arrangement on Accountancy Service (会計業に関する相互承認協定)が定めた基準を満たした会計士が、ASEAN CPA(ACPA)と認証され、他国(ホスト国)での会計に関するすべての業務を行えるようになります。
(ただし、監査報告書にサインをすることと、公認会計士だけに
限定された業務は含まない。)

ACPA資格の取得基準は、アセアン諸国が合同で管理するACPACC(ASEAN Charered Professional Accountant Coordinating
Committee)が既に規定しており、各国のNAB(Nation Accountancy Body―会計協会)が自国の会計士の管理を行います。
今後は、同団体がアセアンの会計基準を話し合って決めることになり、 現在模索中といったところです。

ASEAN CPAのメリット
会計は、会社運営の基盤とも言えます。
アセアン諸国の会計基準が同じになれば、その基盤整備が行われることとなり、企業側にとっては地域全体の管理が簡素化されます。

また、会計士にとっては、ACPACCが管理する、ACPA資格保持者の名簿リストに自身の名前が載ると、外国人雇用主からの声がかかりやすくなり、幅広い雇用につながります。
同時に、海外での就業経験がより本人の能力を高めることになります。

ACPA取得者がアセアン他国で働くまで

ACPAになるには

  1. ACPAの条件を満たすこと

  2. 申請書の提出

  3. 審査

  4. ACPACCに推薦される

  5. ACPAとして登録される

  6. ホスト国でRFPAとして登録される。

ACPAの資格

  1. 会計協会のメンバー

  2. 卒業後、5年以内に少なくとも3年連続した会計業務経験が
    あること

  3. 会計協会が設けたテストの合格者、または、公認会計士で
    あること

  4. 会計協会が規定するCPDを積んでいること

  5. 会計士の倫理に反していないこと

  6. 倫理に関する罰を受けたことがないこと

 

ACPAのテスト
CPAの資格を取得していない人において、下記の4科目のテストを合格することで、ACPAを取得できます。
(各科目、選択問題60点、説明問題40点、合格基準60点。)

  1. 財務報告について

  2. 統治、リスク、倫理について

  3. ビジネス、税金についての法律

  4. 管理会計と財務管理

1年に2回(6月、11月)にテストが行われ、合格した科目は、4年保持できます。