ガンについての無知な知識そのⅠ―ガンの正体

ガンについては、死亡原因の第一になっているのにもかかわらず、病気のメカニズムが知らされていません。

今日の高度化した医療でガンが治らない、という。
全く、不思議です。

がんの予防について日本ガン学会のホームページを見ると他の病気の予防と同じようなことが書かれているだけです。
特にがんの予防策が書かれていません。

ところで、ガンは悪性腫瘍・・・・・と書かれています。

つまり体内の部に、菌による腫瘍が生じることです

このコブ(腫瘍)フレンドリーなによって大きく増大し大きな塊となってきます

この塊を、手術で取り除く。これが、がんの手術です。

しかし治療・抗がん剤・放射線治療の必要は
ありません

 定期的に抗生物質を服用することによってこのコブ(腫瘍)を小さくして消滅しまうことができます。

なぜなら抗生物質は強い酸性のペーハー物質のでは、この酸性値内に生息できず、徐々に死んでしまいます

抗生物質の正体は、酸性化するペーハー物質です。

ところで、抗生物質の働きを説明してくれる医者が存在するでしょうか
いいえ、いません。お茶を濁されるだけでしょう。


いや働きを知っていても説明しません

飯の種ですから患者が減るような説明をするわけがないです。

 2016.6.18 UP

 

 ガンについての無知な知識その2―ガンは遺伝する

前回に続きです
ホームページ上では、「ガンは遺伝する」、と書かれています
一体このデマはどこから来てるのでしょうか
想像するにアメリカの古い文献から由来してのではないでしょうか。

もし、遺伝するなら根拠を示してほしい。

遺伝子が関係しているような書き方です。

しかし、そのように書か遺伝すると言われている」という伝聞推量として書かれています。
無責任ですね。

ガンについての無知な知識その3ーガンの種類

ガンの種類については、いろいろあるようです
ガンがコブ(腫瘍)ですから体内のどこにでもできてもおかしくはありません
その中の1の大腸ガンについて書いてみましょう

大腸がんになって、手術した人に聞いた所、大腸がんといっても肛門から2センチ位中の所に生じた、とのこと

このガン必ず病を経てなります


つまり、不潔にした肛門が菌によってコブ(腫瘍)が発生します。
このコブ(腫瘍)のことを大腸がんと言っています

もともと正常だった部分にが発生してこぶができる

それを手術により摘出すると言う、これが大腸がんの現物です。

治療方法は、手術・抗がん剤・放射線治療など
全く
不要です。

肛門に手を突っ込み、その部分を清潔に保てば、
これを毎回繰り返すことにより、こぶは
自然に消滅します
の方法で、手術せず、医者いらずで完治することができます。

医者より賢くなりましょう

それなしに自分の健康と身体を保つことができません。

ガンの病気とその予防、治療方法

子宮頸がんとワクチン

日本での「がん」の傾向

胃がんと診断されても驚かぬこと