胃がんと診断されても驚かぬこと

その友人の友人が、病院に行って診断を受けたところ胃がんと
診断された、とのことです。

なぜわかったかというと、食事をする際食べ物を飲み込むことが
できず、そのため水といっしょに飲んでその食べ物を流し込んで
いるとのことです。


この不便さで、胃がんと分かったのです。
これは。胃の前の食堂管の所が、腫瘍(しゅよう)で肥大して
食べ物が詰まる状態になっているのでしょう。


ところで、胃がんについてウィキペディアを見ても胃がんになる
メカニズムが書かれておらず、医学的病症が書かれているのみです。


さて胃がんの発生メカニズムを書きましょう。
食堂管の中に腫瘍ができて、これが大きくなり食べ物の通りが
悪くなり、最後にはこれを取り除かない限り(手術)食べ物を流す

ことはできません。

友人の友人は、バンコクの有名病院へ行ったものの、怖くなりその
ため日本の病院へ行く検討をしているとのことです。


そこで友人を通じて、例の薬を紹介しました。
シープロフインという薬です。
これを飲むことにより、腫瘍に含まれている菌を少しずつ撃退して
少しずつ小さくなり、しまいに消滅するというものです。


この薬の結果を、私も知りたいものです。
追って、皆様に報告します。

がんについての無知な知識、を紹介しまう。
http://www.seikatsujoho.asia/kenko/3byouki/gan.html