臭いおならと便の関係

友人からおならが臭くて困っている、と相談がありました。
それによると、おならが頻繁に発生しそのたびに臭さが周囲の人にまき散らして、
嫌な思いをさせている、とのことです。
このことについて、原因と対策は次の通りです。

その前に、一つ質問します。
タイ人のおならと日本人のそれは、どちらが臭いでしょうか。
そして、その理由は何でしょうか?

決して同じではありません。
日本人の方が臭いです。
このことについては以下の内容によって理由が含まれています。

さて本題に入る前に、ウェブサイトでおならについて調べてみました。
それによると、腸の中の善玉菌、悪玉菌が原因として書かれていますが、
事実でないでしょう。
腸の中に悪玉菌があるはずがないでしょう。

善玉菌と悪玉菌
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO76946720R10C14A9000000?channel=DF260120166503

また、バランスのとれた食事を理由としていますが、これも関係ないでしょう。
そして、その匂いの予防対策が描かれていません。

ここで結論を書きます。
おならが臭いのは、食べ物が体内に長く滞在しているからです。
食べ物が体内、特に大腸に長く滞在すると、便が腐りガスが発生します。
これが、おならとなって外に発せられるのです。
このようなことを書いているウェブサイトは皆無でしょう。

よって、対策として食物が体内に長く滞在しないよう早く体外に
出してしまうことです。
そのためには、濃いコーヒーを飲むこと、唐辛子を食べるなど
、刺激のある物を食べることです。
これらの物は、体内に入ると歓迎しない物として外に早く出そう
とする働きをします。
結果的に体内にある便が早く肛門から外に出て、腐る
時間を与えず、おならも発生しずらくなります。

次に便について書きましょう。
便が体内に長く滞在すると、便の粒子が小さくなりそのために手に付くと
なかなか落ちないです。
一方タイの便は、体内時間が短いため粒子が荒くそのため水洗いで
簡単に指から落ちてしまいます。

ちなみにタイでは、大便の後にちり紙トイレットペーパーは使いません。
日本人にこのことを話したら不潔と思うでしょう。
しかし、この方法の方が清潔で痔病にならないので
す。
最後に繰り返します。
臭いおならを治すためには、コーヒーや唐辛子を食べることです。
西洋人がコーヒーを好むのもこのことが理由の一つかもしれません。
いいえ、間違いないでしょう。