内部監査についてー本の購入
                      内部監査TOPに戻る       

内部監査の本を買いました。
  
 現在、内部監査についての勉強をしており、この本がほしかったからです。

日本から空輸で取り寄せました。便利ですね。

郵送代もそんなに高くありません。

さて、この本は基礎編、応用編の2冊からなっております。

その基礎編は、理論です。

基本的理論が書かれており、理解と暗記が必要になるでしょう。

実務編は、実際に行う手順(マニアル)が書かれております。

試験は、基礎編の理論から多く出題されると思います。

現在基礎編を読んでいます。</strong>

本を読んで理解したら、それを覚えることです。

その中でも、キーワードはその意味と内容を覚える必要があります。

本を読みながら、キーワードを取り出しそれをノートにメモをしております。

重要と思われるキーワードをとりだして理解することが大切です。

人に説明できるぐらいのレベルにならないと、合格はできないでしょう。

「40歳からの手習い」と言う言葉がありますが。

私の場合は66歳からの手習いです。

年齢にめげずに、頑張るだけです。

   内部監査の本です