内部監査を教える内容(テキスト)-その2ーその2

               20150609
1 概略

(1) 内部監査とは、

   三様監査(外部監査、監査役監査、内部監査)に分けて説明すると、解りやすいでしょう。

   特に、会計監査との違いをはっきりさせておくことが、重要です。

      
(2) 内部監査の目的

      @ 経営目標の達成 A 事業目的の実現支援  B経営陣に対する貢献、です。

      つまり、単なる監査ではなく、会社繁栄が目的です       

(3) 内部監査の重要性

       会社は、継続することが不可欠となっており、この目的に沿う形で内部監査をします。

          会計監査は、主に財務諸表を中心に行ないますが、内部監査は主に内部統制をメインに行ないます。    

(4) 内部監査の法的根拠 

    会社法や金融商品取引法などによって、強制されていません。

    しかし、実施する、しない、によって違いがでてきます。

2 内部監査と密接に関係する4つのポイント

       以下のキーワードは、きわめて重要

(1) コーポレート・ガバナンス(企業統治)

(2) インターナル・コントロール(内部統制)

(3) リスク・マネージメント

(4) コンプライアンス(法令順守)

3 内部監査業務の流れ

  予備調査、本格調査、意見表明(具申)

4 監査技術

(1)監査リスク・ベースの監査手法

    監査リスクを低減させるため、リスクの大きい順(潜在リスク、統制リスク、発見リスク)に監査資源を投入すること    です。

5 書式例(省略)

6 理解に重要なキーワードーー別紙

7 練習問題(課題)――別紙

8 キーワードーー別紙

9 資料:みずほ銀行より

  内部監査を教える内容(テキスト)-その1