洗濯についての考察(全四回の3)

第3節


洗濯にまつわるソフト(理論と方法)についてコメントしてみましょう。 

1、汚れについて


   洗濯の目的は汚れを除くことです。


   汚れと洗濯についてコメントしただけで博士論文が書けそうです。


   とりあえず汚れについて切り口のみ書いておきましょう。 

 
     (1) 汚れとは、つまりよごれの原因、種類、程度、などについてアプローチする必要あり。(ここでは省略)


    (2)汚れが落ちる原理


     (3)汚れない布の発明は可能か。(汚れずらい布、汚れと布の関係。汚れない布、汚れずらい布)
  
2、  洗濯、つまり洗うという意味について


    タイ語で、体を洗う、頭を洗う、足を洗う、布を洗う、それぞれ動詞が異なり  ます。

3、  布について


    洗濯される側は、布であり、衣類ですが、この布、衣類についてもいろいろ種 類があります。


      布とは「糸の製品の総称」と云った人がいました。


      綿、麻、絹、ポリエステル、これらの布は洗濯の際、取り扱いが異なることになります。

4、 ドライと水洗いの違いについて


      物によっては、水洗いは不可で、ドライのみ、又、逆もあります。
 
5、  ズボンの適切使用日数について


      回答として「なし」です。  ケース バイ ケースでしょう。


     3日間、1週間、1ヶ月、3ヶ月、とクリーニング期間を想定しても、適切な期間は存在しないのではないでしょうか?

     次回は最終回で、私のアドバイスです。