タイの生活――BOIのホームページより転載

(実際のサイトは、文字が小さいため読まれていないでしょう。

そこで、大きな文字にして、読みやすくしました)

 

 

投資委員会は投資家に申請の前後そしたその最中において魅力的な税的、非税的恩典のパッケージとともに幅広いサービスを提供しています。

これは世界中の投資家をタイに集めることに成功した理由である。ところで、タイに来ることに決めたらどんなことに出会うだろうか。

まず、バンコクの生活費はアジアの都会を含み、世界の主要都市と比べて割安である。マーサーHRの2010年生活費調査によるとタイは

世界で第121番目の高い都市に番付けされていることがわかった。

これは東京(2番目)、大阪(6番目)、香港(8番目)、シンガポール(11番目)、ソール(14番目)そして中国の北京、上海、

広州(16番目、25番目、38番目)などアジアの主要都市よりはるかに安いのである。

手ごろな生活費と魅力的な投資先だけでもどこにでも負けない。また、家族には幅広いインターナショナルスクールとワールドクラスな医院がそろっている。

英語、日本語、フランス語、ドイツ語、中国語その他の言語で教えているインターナショナルスクールは100以上あり、International School of Bangkokを

卒業した米国ティモシー・ガイトナー財務長官を含み、タイのインターナショナルスクールの卒業生は世界最高の教育機関に受け入れられている。

医療に関しては世界で認定された医師、医療人員、最新の設備および器具で世界でも良く知られており、最も成長の著しい観光産業のカテゴリーは医療

観光となっている。

タイのワールドクラスかつ極めて手ごろな医療を享受するために世界から患者が飛び込んできている。

多くのタイの医院は世界の品質規格を獲得し幅広い専門医師をそろえている。

レクリエーションとなれば、タイではどんなスポーツでも楽しめる。

テニス、ゴルフ、クリケット、ラグビーユニオン、ポロなどあらゆるアウトドアスポーツができる。タイには100以上のゴルフコースがあり、

そのうちいくつかはロバート・トレント・ジョーンズJr.やジャック・二クラスやガリー・プレーヤー、グレッグ・ノルマンなど世界のゴルファーやゴルフコースの

設計士によりデザインされたものがあり、中でも世界のトップゴルファーを集めるイベントを催す工業団地内のゴルフコースもある。

インドア・スポーツお好みならば、タイにはボーリング場やスヌーカーホールやフィットネスセンターがたくさんあり、アイススケートリンクも2箇所ある。

ウォータースポーツお好みの場合はスキューバーダイビングからシュノーケリング、セーリング、カヤック乗り、深海釣り…….

活発な一日のあと、お腹が空くでしょう。

それもまた天国だ。タイ料理は世界でも最も人気の高い料理である。タイならでは、道端の屋台から王宮料理までバラエティーの富んだスタイルがある。

また、自国の味が恋しくなったら世界中どこの食べ物でも手に入らないことは無い。

インターナショナル料理はバンコクに限らないことがありがたい。

タイに多数投資している日本企業のおかげ、ワールドクラス工業団地の近辺で日本料理が楽しめる。

また、非伝統的な料理(ピザ、アイスクリームなど)もほとんども町で手に入る。

各地を観るならば、この地域で道路整備が最も優れたタイは旅立ちに最高の国である。

世界で最も賑やかな空港のひとつ、スワナプーム空港は首都バンコクにあり、2010年に4,000万人の旅客を扱ったスワナプームがAirport council

Internationalにより世界のトップ5大空港にランキングされた。

道路交通について、タイでは各地をつなげる巨大な国道網を持っており、この地域の道路交通のハブをなりつつある。

タイの鉄道網はマレーシア、さらにシンガポールまでつなげる合計4,000キロもあり、首都バンコクには2つの大量輸送システムがあり、

どんどん拡大されている。

タイの通信ネットワークも隅々まで広がっており、3,000万以上の携帯電話人口と1,700万人以上のコンピューター人口がおり、中1,100万人

インターネットを使用している。地方でブロードバンドとwi-fiアクセスの発達によりその数字がどんどん上昇している。